« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月27日 (火)

うなぎで「新年会」と落語研究会

 昼間、文化放送「四谷二丁目宣伝部」の収録に依頼されて(?)
遊びに行く。駒形の鰻屋「前川」を借りて、元日放送分の収録。
林家いっ平、しゅう平、たけ平の出演でテーマは「新年会」。
 というか、新年会ふうにガヤガヤやっているところをそのまま
放送してしまうという趣向。そこに一緒に参加して話したりせよと
村田武之ディレクターからのご注文である。で、普段の飲み会
さながらに喋ってきました。いっ平さんはいつもながら楽しい人だ。
しゅう平さんは高座ではなんどか拝見していたが、面白いキャラの
人だった。そして林家の三人に談志家元が正蔵「挨拶せず帰宅事件」
で怒っていたよと伝える。みんなもう知っていたが。

 収録後、六区へ。宮本御輿へ行ったが閉まっていた。(必要があって
締太鼓を探している)ROXのLibroへ行くとen-taxiが出ていたので
買う。自分の原稿が載っているのです。

 地下鉄で半蔵門へ。

 第450回 TBS「落語研究会」 (国立劇場小劇場)

 「しの字嫌い」 三三
 「道灌」 喬太郎
 「星野屋」 談春
        仲入り
 「二番煎じ」 鯉昇
 「芝浜」 権太楼

 今日はみんなよかった。日ごろ、権太樓は苦手にしている私だが、
今日の「芝浜」は素直に聴けた。余分な演出がなく良かった。
 談春の「星野屋」もよかったが嘘の怪談咄のくだりはトーンが下がった。
 談春のマクラを権太樓がうけて何か言ったのはめずらしいと思う。

 en-taxiを読むとホリイ氏が「芝浜」はあまり好きじゃないといって
いたが同感。
 わたしの言い方で言うと、「芝浜」をやる場合、演者とネタの距離が
接近するのがいやなのである。心理主義の落語になってしまうのだ。
 私が過去に良いと思った「芝浜」は立川談志が25分でやったもの
(89年ごろ、有楽町マリオン「オールスター一門会」)と今年春の
小金治だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

なんだかな

  今日はすごいどじをした。
 文化放送に〆切の台本をメールするのを忘れ外出。
 行き先は文化放送。(別件)
 送り忘れに気が付いたのでいま戻ってきて送信。
 今夜はTBSで談志家元の収録なのでまた外出。
 杯の殿様ではあるまいし。

 今夜19時 千葉テレビ「浅草お茶の間寄席」歌武藏。
 そのあとNHKBS2で映画「ロボコン」(長澤まさみ)
 やりますなぁ。要録画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

今夜ですよ

 今日(12/2)の深夜、日本テレビ「爆笑問題のススメ」。
 ゲスト・小林信彦。

 テレビ出演は大変にめずらしいので「そっちの方面」
 が好きな人はゆめゆめ見逃さないように・・・。

 収録見学したんですよ。↓

     http://kasumi6128.cocolog-nifty.com/naohisa/2005/10/post_8bd6.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »