« 5月29日 「タカラヅカ亭」 開催決定 | トップページ | ちくま文庫「落語を聴かなくても人生は生きられる」 »

2011年6月 9日 (木)

野村萬、野村万作 兄弟の共演(2000年以降)

野村萬、野村万作 兄弟の共演は2000年以降、これまでに6回を数える。(ひとつの能の会にバラバラに出演した場合を除く。ひとつの曲を兄弟で演じた回数)

備忘録をかねて以下に記しておく。


① 「八世観世銕之亟静雪三回忌追善能」 
  2002年6月30日(日) 観世能楽堂

  曲 「清水座頭」 シテ(男)野村萬 シテ(女)野村万作

  ※ 間違いではなく両方に「シテ」と表記されていた。

② 「野村四郎の会 特別公演」 
   2008年 8月23日(土) 観世能楽堂

  曲「酢薑」  シテ野村萬 アド野村万作

③ テレビ放送  2010年9月18日(土)放送

  曲「宗論」 シテ野村萬 アド野村万作

  ※ テレビ放送用の収録で観客無し。

④ 「藤田大五郎三回忌追善会」 
  2010年11月15日(月) 国立能楽堂

  曲「棒縛」 シテ野村萬 アド野村万作 アド野村万之介

  ※三兄弟の共演は2000年以降、最初で最後。2011年はじめ万之介逝去。

⑤ 「ユネスコによる無形文化遺産 能楽 第三回公演」 
  2010年12月11日(土) 観世能楽堂

  曲「鐘の音」 シテ野村万作 アド野村萬

  ※ 後日、歌舞伎チャンネルで放送された。

⑥ 「東京能楽囃子科協議会定式能」 
  2011年6月8日(水) 国立能楽堂

  曲「隠狸」 シテ野村萬 アド野村万作

 
  以上6回。間違いは無いと思う。

  個人的に①清水座頭と②酢薑の舞台が、まるで対極的な行き方ながら(清水座頭の冷たい沸騰と酢薑の融和)名演であったと思う。

  (後日加筆予定)


  


 

|

« 5月29日 「タカラヅカ亭」 開催決定 | トップページ | ちくま文庫「落語を聴かなくても人生は生きられる」 »

コメント

古典芸能への招待 能・狂言 
狂言「木六駄」~和泉流~・能「鉄輪」~喜多流~

狂言「木六駄」野村万作・野村萬

20117月17日 NHK

投稿: naohisa | 2016年2月11日 (木) 22時37分

能楽座 茂山忠三郎追善 
2012年8月19日 国立能楽堂


近藤乾之助 「当麻」
宝生閑「道成寺」

野村万作・野村萬「二千石」

投稿: naohisa | 2016年2月11日 (木) 22時41分

2014年4月5日
よみうり大手町ホール開館記念能

弓矢立合 観世清河寿、金春安明、金剛永謹

狂言 「棒縛」 野村萬、野村万作

投稿: naohisa | 2016年2月11日 (木) 22時45分

2014年11月10日(月)


藤田大五郎七回忌追善会 国立

狂言「茶壺」野村萬、野村万作

投稿: naohisa | 2016年2月11日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野村萬、野村万作 兄弟の共演(2000年以降):

« 5月29日 「タカラヅカ亭」 開催決定 | トップページ | ちくま文庫「落語を聴かなくても人生は生きられる」 »